▼本物にこだわるなら頭髪治療専門医師開発のシャンプー▼

もう濡れても大丈夫!薄毛サラブレッド宮迫、効果を実感 薬用スカルプD

昆布の王様 -King of Konbu- がxxに効く!

女性のためのスカルプシャンプー

スカルプDレディースは、女性のためのスカルプシャンプーです。男性だけでなく、女性も抜け毛や薄げに悩んでいる方は意外と多いのです。
そこで、大切な女性の髪と頭皮を守るために重要になってくるのがシャンプーです。シャンプー一つでも、毎日のことですから、髪や頭皮に多大な影響を与えます。
シャンプーの仕方も、女性、男性問わず、抜け毛、薄毛には非常に重要な要素ですが、シャンプーそのものももっと大切な要素となります。
あなたの使っているそのシャンプーに、あなたは満足していますか?スカルプDレディースであれば、きっとあなたの髪につやとはりを取り戻し、数日間使ってみればその違いを感じるはずです。スカルプDレディースでは豊かな髪を育む頭皮環境を整え、12種類の植物エキスが頭皮に潤いを与えます。
非常に反響が高く、現在取り寄せにくくなっているほどの売れ行きです。試す価値は十分にあります。一度使ってみる事をオススメします。きっとあなたも満足の声をあげることでしょう。




女性の薄毛、抜け毛のために…頭髪医療専門病院からシャンプー誕生!
posted by kingofkonbu@昆布の王様 | 昆布の王様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フコイダンの効果で発毛

昆布の王様の一成分であるフコイダンとは、コンブやワカメなど、褐藻類の粘質物に多く含まれる硫酸多糖の一種のことをいいます。これに類似した物質はナマコなどの動物からも見つかっています。主に L-フコースがα1-2、α1-4結合で数十から数十万個も繋がった化合物であり、平均分子量は約20,000となっています。フコダインと一口にいっても、グルクロン酸を含む U-フコイダン、硫酸化フコースだけからなる F-フコイダン、ガラクトースを含む G-フコイダンなどに分けることができます。

昆布の王様の一成分フコダインは、1913年にスウェーデンの科学者でウプサラ大学の H・Z・キリンが発見し、命名されたものです。1970年代より盛んに研究されるようになっていき、1996年の日本癌学会で制癌作用が報告されて以来、健康食品として特に注目を浴びるようになりました。

このフコダインの効果としては、
・肝機能を改善
・血圧の上昇を抑制
・抗菌作用
・アレルギーを抑える
・コレステロールを下げる
などなど様々な俗説があるようですが、まだまだ科学的には十分なデータとして不足しています。
しかし、実際に使用したかたからは、髪が太くなった、白髪が減ったなど一様な効果はあるようで、現在は科学的検証結果待ちといったところです。
昆布の王様に含まれるフコダイン。その効果は実証してみればよい。
posted by kingofkonbu@昆布の王様 | 昆布の王様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガニアシがハゲや白髪に効く?

昆布の王様-King of Konbu-にはたくさんのガニアシが含まれています。

昆布は髪に良いと皆さんも効いた事があるかと思います。昔から伝わるこの文言・・はたして根拠のある言い伝えでしょうか?実は昆布の仮根、ガニアシには発毛・育毛効果がある可能性があるとの研究結果が出ています。

ガニアシを朝夕2カプセルずつサプリメントを摂取してもらい、6ヶ月続けたモニターの調査結果があり、その結果はというと年齢・性別に関係なく有効であると判断でき、白髪が黒くなったという声が多く、また、継続摂取するほど効果が現れてくる。

海藻類は発毛・育毛の栄養になると昔から言われています。そして、この調査結果はそれを裏付けるものではないでしょうか。

しかしながら、まだ科学的な裏付け結果がでておらず、今後の実験などの結果が待たれるところです。
posted by kingofkonbu@昆布の王様 | 昆布の王様:ガニアシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昆布を使った一品料理

ここでは、昆布を使った料理などをご紹介します。

まず思いつくのが「松前漬け」ですね。

「松前漬け」
昆布、するめ、にんじん、数の子などをしようします。調味料には、醤油、みりんなど適量を使用します。調理の仕方はまず、昆布とするめの表面をふきんなどでよく拭きとり、やわらかくしてから細切りにしておいておきます。同じくにんじんも細切りできっておきます。出しをした数の子を適当な大きさに(だいたい一口大くらい)に切り、用意した材料とあわせ、しょう油、みりんを適量加えながら、なじむまで漬け込めばできあがりです。

どうです?意外と簡単でしょう。簡単かつヘルシーかつミネラルがとれておいしい。もうゆうことなしですよね。
このように、昆布を使用した料理って意外と簡単に作れますので、メニューや材料などは、インターネットを探せば、専門サイトなどもでてきますので、ぜひ昆布料理に挑戦してみてください。
posted by kingofkonbu@昆布の王様 | 昆布の王様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昆布の王様といわれる羅臼昆布(らうすこんぶ)

昆布の王様という名で呼ばれているのは、羅臼昆布(らうすこんぶ)のことです。知床半島、羅臼町沿岸に生育している昆布で、正式には「利尻系えながおにこんぶ」と呼ばれいます。

羅臼昆布を買うときに商品の裏面には「えながおにこんぶ」表示されていると思います。一度確かめてみて下さい。羅臼昆布は「昆布の王様」と呼ばれており、その味は濃く、香りも高いダシがとれます。昆布の王様と呼ばれてはいるのですが、いかんせん、ダシ汁がやや黄色がかった色になってしまう点や、味が濃すぎるというふうに思われる方もいるようですね。何事も腹8分目でしょうか・・

羅臼昆布の種類には、黒口、赤口、シマの3種類があります。名の通り、それぞれ昆布の色のことをあらわしています。
posted by kingofkonbu@昆布の王様 | 昆布の王様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昆布の王様が育つ(成昆布になる)まで

一般的にもそうですが、昆布の王様に使用される昆布は2年かかって「成昆布」となります。

その成長過程での呼び名は変化していきます。

遊走子 → 芽胞体から造胞体 →
一年目葉体(水昆布) → 二年目葉体(成昆布)

まず、遊走子は、昆布の表面の「子のう斑」と呼ばれる袋の中で「遊走子」 と呼ばれる昆布の子が育ちます。遊走子は秋から冬にかけて海中に飛び出していきます。遊走子は雄雌に分かれて、それぞれが、卵子と精子の役割を持ちます。

次に、岩に付着した雌と海中を泳ぐ雄が受精し「芽胞体」となり、春には「造胞体」と呼ばれる小さな昆布になります。

そこから、造胞体は夏にむけて大きくなっていき、長さだけは成昆布並に成長します。しかし、このままでは、身が薄く味も劣るので、成昆布ではなく、水昆布と呼ばれています。

最後に、秋まで成長を続けていき、葉が枯れ、根元だけを残して流されていってしまい、岩に残った根元から再成長を始め、ここから成長したものが成昆布となる。
posted by kingofkonbu@昆布の王様 | 昆布の王様:成昆布 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昆布の王様 King of Konbu に含まれるガニアシはミネラルが2倍

カイゲンとアートネイチャーとの共同開発でできたこの「昆布の王様King of Konbu」の主成分である「ガニアシ」は、コンブの根の部分です。
「ガニアシ」と言う呼び名は、昆布を扱う漁師さんたちのあいだでそう呼ばれており、コンブが岩にはり付いた根の部分が、カニに似ているということから、「がにあし」と呼ばれていたそうです。
昆布の王様 King of Konbu の原料となる「ガニアシ」はとても固く、食用としてはなさないため、これまでは廃棄されてきていましたが、ガニアシ研究が進んでいくと、色々な成分が発見されることとなり、注目を集めています。

「ガニアシ」は昆布の2倍のミネラルが含まれ、フコイダン、セルロース、アルギン酸など食物繊維が1.7倍含まれており、また、「ガニアシ」は2種類のフコイダンが含まる。このフコダインは専門分野でも注目を浴びている成分なのです。
posted by kingofkonbu@昆布の王様 | 昆布の王様:ガニアシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昆布の王様・・昆布今昔物語

昆布にはその歴史があります。昆布は、江戸時代の徳川幕府による蝦夷地(今の北海道)開拓以来盛んになるようになり、昆布を食べる地域もだんだんと広がっていきました。
北海道から各地へ昆布が運ばれる際に通った道のことを「こんぶロード」呼ぶそうです。

このこんぶロードを通った昆布が、北海道から南は琉球(沖縄)まで伝わり、はては清の国(中国)まで運ばれるようになったようです。それほどまでに昆布には深い歴史があります。
またこうして広まっていったのも、おいしいと言うだけでなく、その昆布になんらかの効果があることを昔の人は体感していたのかもしれませんね。
posted by kingofkonbu@昆布の王様 | 昆布の王様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

King ofKonbu −昆布の王様− の主成分

King ofKonbu の主な成分として次のようなものが配合されています。

ガニアシ
ゼラチン
ヒハツエキスパウダー
(デキストリン、ヒハツ抽出物)
ケラチン加水分解物
ビール酵母
ステアリン酸カルシウム
パントテン酸カルシウム
ビタミンB1
ナイアシン
ビタミンB2
ビタミンB6
ビオチン
posted by kingofkonbu@昆布の王様 | 昆布の王様:主成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昆布の王様とは?

カイゲンでは40年前から昆布の研究をし続けており、そして遂に、アートネイチャーとの共同開発により、昆布の仮根ガニアシを配合した新商品「King of Konbu® 昆布の王様」が完成した。


それが「King of Konbu® 昆布の王様」
posted by kingofkonbu@昆布の王様 | 昆布の王様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。